アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脅迫奴隷調教2 染まっていく

87.jpg

自分が出してしまった透明の液を、全部舐め取らされて・・・

辛かったけど、お許しをいただけなかったから・・・

「おい、浣腸してやる、嬉しいか?」

「はい、ご主人様、嬉しいです」

「全裸になれ」

全裸になると男が見えてしまうので辛い・・・

88.jpg

バスルームで、四つん這いになって、吊り下げられたイルリガートルから伸びた管を後ろに入れられて、お腹の中へゆっくりぬるま湯が入ってくる。

少しずつお腹が張ってきて。

「ご主人様、お腹が苦しいです」

「まだ我慢しろ」

89.jpg

90.jpg

イルリガートルの中が空になって、お腹が痛くなってきて。

「ご主人様、出させていただきたいです」

「そこの排水溝でしろ」

バスルームの排水溝の蓋を開けて、全裸のまま跪いて排泄する惨めな姿を晒していく・・・

たくさんお腹に入ってるから、何度も出てしまって。

身体をきれいにした後、

「そこで伏せの姿勢で待っておけ」

91.jpg

全裸のまま、犬のような姿で・・・恥ずかしい・・・

首輪と後ろ手に手枷を着けられて、首輪にはリードも・・・

92.jpg

投げ出された足を舐めることも、言われなくてもできるようになっていて・・・

93.jpg

ベッドの上で・・・

「股を大きく拡げろ」

「はい、ご主人様」

94.jpg

股を拡げた恥ずかしい姿のまま、ご主人様が生のままゆっくり後ろに入ってこられて・・・

思わず「あ~」と声が出てしまう。

根元まで入って、動き始めたご主人様のものが敏感な部分に触れて、

「あっ、あっ、あっ」

と、声が抑えられない。

「どうだ」

「いいですっ、感じますっ、ご主人様っ」

95.jpg

「口を開けろ」

開いた口に、上からご主人様のたくさんの唾液を流し込まれて。

「飲め」

生で貫かれながら、生暖かい唾液を何度も口に流し込まれては飲んで・・・

「お前は俺の何だ、言ってみろ」

「はい、ご主人様の奴隷です」

「そうだ。一生奴隷だ。俺からは逃げられないことはわかっているな」

「はい、ご主人様」

そして、少しずつご主人様の動きが強く速くなってくる・・・

「あっ、あっ、ご主人様っ」

ご主人様の動きがどんどん激しくなってきて、

「よし、そろそろイクぞ」

「はいっ、ご主人様っ」

そして、ご主人様の動きが止まって、中に暖かいものを感じて・・・

奴隷だということを心にも身体にも刻まれて、ご主人様の色に染められていく・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。