アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナルマゾ奴隷化調教 貫かれる悦び

73.jpg

ベッドで足を縛られて、後ろ手に拘束具・・・

後ろにはとても強い振動のお道具が入ってきて、抜けないように股にはベルト・・・

とても強い振動がずっと続いていて、後ろの中が感じすぎて辛い。

「ご主人様、良すぎて、感じすぎて辛いですっ」

「我慢しろ」

しばらく我慢していたけど、

「あ~ご主人様っ、辛いですっ、許して欲しいですっ」

74.jpg

抜いていただいた後、ご主人様に後ろからゆっくり入ってこられて・・・

「涼子、嬉しいか」

「はい、ご主人様っ。とても嬉しいです。いっぱい涼子にクダサイ」

動き始めたご主人様。

75.jpg

「あっ、あっ、あっ、ご主人様っ、イイですっ」

前からもい貫いていただいて、もっともっと深く欲しいから、足を手で持って奥まで入るようにして。

76.jpg

77.jpg

「あん、あん、あっ、あっ、ご主人様っ、涼子っ、すごくイイっ、イイですっ」
「いっぱい感じてろ」

奴隷として生で奥まで貫かれることって、とても深く強く支配を感じる。

前から貫いていただきながら、抜かれてそのまま喉の奥も深く貫かれて。

78.jpg

79.jpg

その後、仰向けの涼子の身体の上で、ご主人様が前の部分をローション塗って手で上下にされている。

「ご主人様、このままだと涼子は前でイってしまいますっ」

「いいぞ、イケ」

ご主人様より先にイクのは少し辛いけど、ご主人様のご命令。

「はい、ご主人様っ、涼子、よくなってきましたっ」

ご主人様の手の動きが少しずつ速くなってきて・・・

少しずつ登っていく・・・

「あっ、ご主人様っ、いいですっ」

急に登り始めて・・・

「あ~、ダメっ、イイっ、ご主人様っ、イってしまいそうですっ」

「ご主人様っ、ごめんなさいっ、イっていいですかっ」

「よし、いいぞ、イケ」

「ありがとうございます、あああっ、ご主人様っ、涼子っ、もうダメっ、イキますっ、イク~、あ~」

3週間も前でしなかったから、たくさん出てしまって・・・

その後、ご主人様も涼子の身体でイっていただいて・・・

以前は、男の部分でイってしまったら醒めたので、その後は無理だったけど、今はもうあまり醒めなくなってるから嬉しい。

涼子はもうご主人様無しではダメなアナルマゾ奴隷です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。