アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装マゾの想い 最下層の奴隷でいたい

ご命令で、日常でもご主人様のことをひと時も忘れることの無いよう、奴隷の証として毎日後ろに入れてる6センチのプラグ。

毎日ずっと身体の奥でご主人様の存在を感じて、それに涼子も感じていて、もう辛さは無いけど、かなり緩んできたので気を抜いて力んだりすると抜けそうなのが心配・・・

先日も仕事中にご主人様からメールが着て、入れてる証拠写真を送るよう言われて、トイレで撮影してお送りする。

ご主人様に対しては、絶対に嘘はつけないし、誤魔化しもきかないのはわかっているから。

何日もトイレに行けなくなってしまった身体になったけど、それもご主人様の調教を受けているように感じていて。

そして、ご命令で7センチのプラグも何度か入れて、以前よりは入れる時に少し楽になってきて、抜いても以前のように戻らずにかなり盛り上がって緩んでいるのがはっきりわかるようになってきて。

少しずつ変わっていく後ろだけど、ご主人様に楽しんでいただくためと思ったら、その変化にもとても嬉しく感じてしまうようになってる。

やっぱり、いくら女装マゾを長くしてても、日常もずっとマゾモードではないので、普通のSMのパートナー関係では日常まで奴隷になることは出来ないこと・・・

でも、こうしてご主人様の完全な支配があったから、初めはとても辛かったけど頑張って耐えて感じることができるまでになれたことで、涼子の中でご主人様への服従心がとても大きくなってきてる気がする・・・

ご主人様の複数のパートナー様へは、完全支配ではないからそこまではされていないとお聞きしたので、涼子はやっぱりご主人様にとって最下層だけど、逆にそれが嬉しく感じてしまう。

ご主人様の支配から逃げれないし、その中で染められた心と身体ではもう逃げれても逃げれない奴隷になってるから。

精神的にも厳しい調教を受けさせられる存在として、ご主人様の最下層奴隷でいたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。