アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナルマゾ奴隷化調教 盛り上がっていく場所

58.jpg

四つん這いでお尻を向けた恥ずかしい姿のままで、ご主人様が5センチプラグの底のリングを引っ張られて、抜こうとされてる。

ご主人様の奴隷の証として、常に入れておく事を命令されているプラグは、会社で目立つことがないようにズボンに当たる底の一部分を削って入れていて。

ご主人様の奴隷として調教受けるまでは普通だったけど、ご命令で6センチでも入る後ろに無理やり拡げたから、引っ張られると恥ずかしいほどの形に盛り上がってしまって。

59.jpg

ご主人様が引っ張る力を強くされたら、ゆっくり後ろが開いていって、痛みも抵抗も無くするっと抜けて。

やっぱり毎日ずっと入れてるので、もうかなり緩んできてるのかも。

60.jpg

プラグを抜かれた後にローションを塗られて、冷たい金属のようなものがゆっくり後ろの奥まで入っていって・・・

ネジを締めるような音とともにそれがゆっくり開いて、後ろを開けていく・・・

その後、開いたままの後ろの上下や横の壁を何かで擦り上げられて、今まで感じたことがない快感に身を委ねながら、我慢できずに出てしまう恥ずかしい声。

「ご主人様っ、ごめんなさい、とても感じますっ。何でしょうかっ」

「心配するな、指だ」

61.jpg

そして、ご主人様が無言で投げ出された足に手を添えて、クスコを嵌めたまま何も言わずに指の間まで舌を這わしていく。

ご主人様の足を舐めていると、自分が奴隷だと心の底から感じれる・・・

舐めさせていただいた後、

「ご主人様、ありがとうございます」

と自然にお礼の言葉が・・・

絶対的に支配されることが悦びになることを、心にも身体にも刻んで下さったご主人様への心からのお礼の言葉・・・

早く7センチを入れられるようになって、フィストもできるようになって、ご主人様に楽しんでいただきたい・・・

62.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。