アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女装マゾの想い 女に生まれたかった

ご主人様のご命令で、毎日プラグを入れないといけなくなって三週間近く。

その間は一度も男性としての処理はしていなくて。

やっぱり身体は男性なので、すればプラグを入れることが辛くなると思うし、気持ちはずっと女でいたいし。

昨日のご主人様からのメールで、女性ホルモンを調べるように言われて「どうか摂取することだけは、お許しいただきたいです」と乞うて。

「調べるだけだ」と言って下さったけど、少し不安。

涼子は幼い頃から自分の中に女性がいて、ずっと女性に生まれたかったって密かに思っていて。

でもその頃にそんな事を言える訳もなくて、その罪悪感から、無理やり自分の中に男性はこうあるべきという姿を創って。

それがあったから、今は男性として人並みの日常を過ごせていて。

高校一年生くらいまでは女性に間違われてたりして、表面上では嫌がってたけど本当は嬉しかったから、その頃が今だったら、違う人生になってたかもしれないって思うこともあるけど。

やっぱりもう今から日常は壊せないから。

明日はご主人様に調教していただける。

女に戻れるからとても嬉しいし、女として支配されることの悦びを、心にも身体にも厳しく刻み込んで下さったご主人様に逢えることが嬉しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。