アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の調教 本当に辛くて

37.jpg

こんなに辛いとは思わなかった。

太さ5センチのプラグを入れたままにしての仕事。

朝から夜までずっと続く異物感と圧迫感。

少し動くたびに奥へ当たって鈍痛が走ったり、敏感な場所に当たっていて前から意思に関わらずに雫がずっと漏れてくるし、意識がずっと後ろから離れなくて本当に辛くて・・・

夕方、辛すぎてご主人様へお許しをいただけるようメール。

お許しもらったけど仕事が忙しくて抜けずに。

でも、抜いても大きなプラグを持ってトイレから出れないし、トイレ行くのにかばん持って行くのも不自然だし、1日入れ続けるしかなくて・・・

ご主人様から、

「抜いた後すぐにプラグの写真と濡れたぺ二クリの写メを送ってこい」

と証拠写真出すようメールでご命令があって、会社からの帰りの駅のトイレでプラグを抜いてすぐ撮影してメール。

ご主人様は、こうして涼子が命令に背いてないかまで突然確認をされることが多い。

もし辻褄が合わないと、詰問されたり写真の撮影データ見たりされると思うので、ウソをつくことは出来ないし、ご主人様がそれでご機嫌を損ねられたら大変な事になるし・・・

プラグを抜いたら、とても大きな開放感があって、緊縛を解かれた時のよう。

でも、体力も消耗して、とても疲れてしまってすぐに寝てしまって。

1日だけでも精神的にも肉体的にも疲れてしまったのに、毎日ずっとしなければいけないことを考えるだけで、気が遠くなってどうかなってしまいそう。

本当に辛いから、早く慣れれて楽になりたい・・・

今日も朝、プラグにゴムを被せてハンドクリーム塗って、ゆっくり恥ずかしい場所に沈めていく。

ご主人様から昼休憩の間だけなら抜いてもいいと言っていただいたけど、途中で抜くこともできないし・・・

ご主人様は今日、他のパートナー様とプレイされる・・・

「涼子、お前は最下層の奴隷だ。プラグを嵌めて俺の存在をずっと意識していろ。プラグを外したときも俺を意識できるようになれ」

とメールが着て。

他のパートナー様よりも辛い調教でも日常までの調教でも、涼子は最下層の奴隷なのでどんなご命令にも従うしかないから・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。