アクセスランキング

category: アナルマゾ奴隷化調教【完】  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

アナルマゾ奴隷化調教 貫かれる悦び

ベッドで足を縛られて、後ろ手に拘束具・・・後ろにはとても強い振動のお道具が入ってきて、抜けないように股にはベルト・・・とても強い振動がずっと続いていて、後ろの中が感じすぎて辛い。「ご主人様、良すぎて、感じすぎて辛いですっ」「我慢しろ」しばらく我慢していたけど、「あ~ご主人様っ、辛いですっ、許して欲しいですっ」抜いていただいた後、ご主人様に後ろからゆっくり入ってこられて・・・「涼子、嬉しいか」「はい...

  •  -
  •  -

アナルマゾ奴隷化調教 緩んだ後ろ 

縄を解いてもらって、ワンピースを脱いで。「涼子、6センチプラグを嵌めろ」「はい、ご主人様」お尻をご主人様に向けて、恥ずかしい場所にゆっくり沈めていく。緩んだ後ろなので、すんなり入っていくプラグ。「涼子、楽に入ったな」「はい、ご主人様。毎日プラグを入れてますので、緩くなってきて嬉しいです」「まだまだこれからだ。おい、7センチも入れてみろ」体重をかけて頑張って押し込んでも、どうしても入らなくて・・・「...

  •  -
  •  -

アナルマゾ奴隷調教 真っ赤な麻縄

「涼子、縛るぞ」「はい、ご主人様。嬉しいです」何も言われなくても、自然に手が後ろにまわる・・・そして、涼子の身体を回っていく真っ赤な麻縄・・・とても素敵な色・・・涼子は、ギュッと締められる瞬間が、とても好き。縛られると強く抱きしめられてるみたいだし、自由を奪われてることで女として支配を感じれる時間・・・後ろに入れられたお道具の振動で感じながら、ゆっくりと縄に酔っていく・・・ご主人様、涼子をもっと縛...

  •  -
  •  -

アナルマゾ奴隷化調教 盛り上がっていく場所

四つん這いでお尻を向けた恥ずかしい姿のままで、ご主人様が5センチプラグの底のリングを引っ張られて、抜こうとされてる。ご主人様の奴隷の証として、常に入れておく事を命令されているプラグは、会社で目立つことがないようにズボンに当たる底の一部分を削って入れていて。ご主人様の奴隷として調教受けるまでは普通だったけど、ご命令で6センチでも入る後ろに無理やり拡げたから、引っ張られると恥ずかしいほどの形に盛り上が...

  •  -
  •  -

アナルマゾ奴隷化調教 恥ずかしい雫

この前の日曜日、涼子はドット柄のワンピースを着て、電車に乗って1時間くらいかかるご主人様の住んでおられる街へ。女姿で電車に乗るのは始めは緊張したけど、回数重ねて慣れてきたので周りの視線も気にならなくなってきて。でも、ワンピースの中は奴隷らしい下着、後ろにはご命令通り5センチプラグを入れている恥ずかしい姿・・・席に座って電車が揺れるたびに、プラグが奥や内側の敏感な場所を刺激するので、3週間もしていない...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。