アクセスランキング

category: 久しぶりの調教【完】  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

久しぶりの調教 3 最下層の奴隷

久しぶりの調教を受けて帰る際に、ご主人様が車で乗換駅まで送ってやる、と言って下さって・・・嬉しくて・・・その日は今までで一番きつく縛られたみたいで、手首と二の腕にはかなりはっきり麻縄の痕が残っていて、ワンピースの袖が7分丈で手首が隠れないので、少し暑かったけど持ってきたカーディガン羽織って隠して電車に乗って・・・麻縄はしばらく痕が残るので、日常の中で隠すのが大変だけど、それを見るたびに思い出してし...

  •  -
  •  -

久しぶりの調教 2 服従の悦び

涼子はご主人様好みの濃いメイク姿。抱き寄せられキスされながら、ご主人様の唾液が涼子に流し込まれて、それを何度も飲み込んでいる。M女としての服従の悦びに火がつくように身体が熱くなってきてる・・・「よし、涼子、脱げ」ワンピースを脱いで、事前のご命令だった来る前に後ろに太いプラグを挿入してあることを、お尻を突き出した恥ずかしい姿で確認していただいて。以前にご主人様の命令で6センチが入るまでに拡げた場所。...

  •  -
  •  -

久しぶりの調教 1 プロローグ

ずっと彷徨い続けていた・・・「もう一人の私」にどうしても抗うことができなくて、不特定の方とお逢いしてもどこか満たされなくて。そして日常の私が罪悪感、嫌悪感、倫理観で「もう一人の私」を非難し続けていた日々。でも、ずっと、どうしても止められずにいた・・・そしてある時会った方に、顔出しの恥ずかしい写真をたくさん撮影された上、知らない間に名刺を取られてしまい、その後、厳しく何度も呼び出されて言いなりに・・...

  •  -
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。